FNS歌謡祭2014の感想

fns

 

これをみると、

 

「あぁ、今年ももうこんな時期なんだなぁ」なんてしみじみ思います。

 

基本的にFNS歌謡祭のファンです。

 

日ごろ見られないアーティストのコラボが見れたり、あの音響設備が悪い中で口パクをしていない歌手の本当の歌唱力が分かったりと楽しみ方いろいろ。

 

昨日のFNS歌謡祭の良かったところ

・ジャニーズ祭りか!?

というほど、ほぼすべてのユニットや歌手が出演していて14組71人(ちょっと違うかもしれないけど、そのぐらい w)が出演というまさにジャニーズやり放題感が良かった!

 

・ベストパフォーマンス

玉置浩二×森山直太朗のメロディーが良かったです。

曲自体は聞いたことが無かったですが、歌の上手な二人のコラボは心に響いてくるものがありました。

 

・微妙?

GLAY 百花繚乱

なんか個人的には、「なんで、GLAY・・この曲でイイの?」と聞きたくなるような感じでビックリ。

 

「マジヤバイ!」???

 

・もうそろそろ

和田アキ子さんは、もうそろそろ引退されてもよろしいのではないか・・・と

 

残念だけど、声が全く出ていなかったですね。

たばこの吸い過ぎ?

ボイストレーニング全然していないんじゃない?

それともただの高齢化?

 

いずれにせよ、歌手というにはかなり苦しい歌唱力を露呈していたと思う。

 

 

と、ま~こんなかんじだけど、やっぱりSMAPはイイな~と改めて思わされた2014年のFNSでした~

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP